野を横に馬牽むけよほとゝぎす

【意味】広い那須野でほととぎすが一声啼いた。その声を聞くように姿を見るように、馬の頭をグーッとそちらへ向けてくれ。そして馬子よ、ともに聞こうじゃないか。 。

この句が詠まれた章≫ 殺生石・遊行柳



ほのぼのした句です!

ほととぎすの声がして、あれ?何だろうと。
馬がそっちのほうにぐーーっ首を向ける…

上に乗っかってる人は、
なんだお前あの声が気になるんか。

まあ急ぐ旅でも無いし、
もう一回鳴くまで待ってみようか…
みたいな。

そんな光景も浮かんでくる、
実にほのぼのした句です!!

この句が詠まれた章≫ 殺生石・遊行柳


朗読・訳・解説:左大臣光永