小松

原文

小松と云所(いうところ)にて

しほらしき名や小松吹(ふく)萩すゝき

此所(このところ)、太田(ただ)の神社に詣(もうづ)。実盛が甲(かぶと)・錦の切(きれ)あり。往昔(そのかみ)、源氏に属せし時、義朝公より給はらせ給とかや。げにも平士(ひらざぶらい)のものにあらず。目庇(まびさし)より吹返(ふきがえ)しまで、菊から草のほりもの金(こがね)をちりばめ、竜頭(たつがしら)に鍬形(くわがた)打(うっ)たり。真盛討死の後、木曾義仲願状(がんじょう)にそへて、此社(このやしろ)にこめられ侍(はべる)よし、樋口の次郎が使せし事共(ことども)、まのあたり縁起にみえたり。

むざんやな甲(かぶと)の下のきりぎりす

語句

■太田神社 現石川県小松市上本折町。多太八幡宮神社。衝桙等乎而留比古命(つきほことおてるひこのみこと)を祭る。 ■斉藤別当実盛 はじめ源義朝に仕える。平治の乱で義朝が討たれた後は、平宗盛に仕える。孤児になった義仲を一時保護したことがある。源平合戦では平維盛に従い、北陸で木曽義仲軍と戦う。篠原の合戦で討ち死。70歳を越えていたが、「老武者といって侮られるのは不本意だ」と白髪を黒く染めて戦場に赴く。平家物語「実盛」、謡曲「実盛」で知られる。 ■錦の切 平宗盛より下賜された赤地の錦の直垂。 ■源義朝 源為義の長男。頼朝や義経の父。保元の乱(1156)で平清盛と共に後白河天皇方につき、勝利。左馬頭となる。平治の乱(1159)に敗れ、尾張国で家臣の長田忠致の元に潜伏するが、長田父子に入浴中殺された。「義朝の心に似たり秋の風」(『野ざらし紀行』)。 ■目庇 兜の前部の庇。 ■吹返 ふきがえし。兜の目庇の両側から出て後ろに反り返っている部分。 ■菊から草のほりもの 菊と蔓草を図案化した金の彫り物。 ■竜頭 兜の鉢の前面につけた龍の形の金具。■木曽義仲 源義仲。源義賢(よしかた)の次男。2歳の時に父義賢が源義平(よしひら)に討たれる。乳母の夫、中原兼遠(なかはらかねとお)をたよって信濃国に赴き、その地で成長する。頼朝、義経らに先駆けて反平家の旗を上げるが京都粟田口にて討たれる。平家物語「木曽最期」に詳しい。芭蕉は義仲にことに思い入れが強かった。「義仲の寝覚めの山か月悲し」「木曾の情雪や生えぬく春の草」の句を詠んでいる。「木曽殿と背中合わせの寒さかな」(島崎又玄)芭蕉の墓は義仲と同じ大津膳所の義仲寺にある。平家物語「木曽最期」。 ■樋口の次郎 樋口次郎兼光。義仲の家臣で武勇にすぐれ、今井兼平(いまいかねひら)・根井行親(ねのいゆきちか)・楯親忠(たてのちかただ)とともに「木曽四天王」の一人とされた。巴御前の兄。実盛とは旧知の間柄で、首実検で実盛とみとめて、涙を流した。 ■むざんやな 樋口次郎が斉藤別当実盛の首を前に発した台詞「あなむざんや」をふまえる。樋口次郎は義仲の死後、降伏するが斬首される。平家物語「実盛」「樋口被討罰」。 ■きりぎりす 古文で「きりぎりす」といえば、コオロギを指す。百人一首「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む」。

現代語訳

しほらしき名や小松吹萩すゝき
(意味)】「小松」という可愛らしい名前のこの地に、萩やススキをゆらして秋の風が吹いている。

ここ金沢の地で、太田の神社に参詣した。ここには斉藤別当実盛の兜と錦の直垂の切れ端があるのだ。

その昔、実盛がまだ源氏に属していた時、義朝公から賜ったものだとか。

なるほど、普通の平侍のものとは違っている。目庇から吹返しまで菊唐草の模様を彫り、そこに小金を散りばめ、竜頭には鍬形が打ってある。

実盛が討ち死にした後、木曽義仲が戦勝祈願の願状に添えてこの社にこめた次第や、樋口次郎兼光がその使いをしたことなど、当時のことがまるで目の前に浮かぶように、神社の縁起に書かれている。

むざんやな甲の下のきりぎりす
(意味)痛ましいことだ。勇ましく散った実盛の名残はもうここには無く、かぶとの下にはただ コオロギが鳴いている。

解説

小松の太田神社には、斉藤別当実盛の兜と錦のひたたれが奉納されています。芭蕉は『平家物語』や謡曲に描かれた木曽義仲と斉藤別当実盛の場面を思い浮かべて、涙を流します。

斉藤別当実盛は、もと源義朝に仕えており、幼年時代の木曾義仲の命を救ったことがあります。

しかし、その後平治の乱で源義朝が討たれると平家に仕えました。はじめ平重盛に、重盛が若くして亡くなってしまうとその子宗盛に仕えます。

時は流れ、義仲は立派な若者に成長します。

1180年(治承4年)後白河法皇第三皇子以仁王が打倒平家の令旨を発すると、義仲は令旨を受けてすぐに打倒平家の旗挙げをします。

信濃横田河原で平家方の城長茂を破り、ついで北陸倶利伽羅峠で平維盛率いる7万騎を敗走させます。

木曽義仲 進撃経路

ちりぢりになって篠原方面を逃げていく平家方。その最後尾で敵を防いで戦っていたのが、斉藤別当実盛です。この時70歳を越えています。すっかり白髪頭ですが、老人だからとて手加減無用とばかりに髪の毛を黒くそめて、立派な錦の陣羽織をまとって戦場に赴いていました。

そこへ木曾義仲方の手塚太郎光盛が声をかけます。

「そこなるは平家の名だたる大将とお見受けする」
「そういうそなたは」
「手塚太郎光盛」

「手塚殿。貴殿の名をはずかしめるわけでは
ござりませぬが、わけあって名乗ることかなわぬ。
組もう」

取っ組み合いになります。上になり、下になり、
双方必死で相手を組み伏せようとしますが、斉藤別当実盛。
いくら心は気丈といえど、寄る年波には勝てず、
ついに手塚に組み伏せられ、その首かっ斬られてしまいます。

手塚光盛はその首を持って大将木曽義仲の前に参上します。
「どうもおかしな武士でした。とうとう最後まで名乗りませんでした」

「はっ…これは、斉藤別当実盛殿ではないか?」

義仲の脳裏には、幼いころ自分を助けてくれた
斉藤別当実盛の俤がよぎります。

しかしこ斉藤別当実盛が生きているなら、
もう70歳は越えているはず。こんなにも髪の毛が
黒々としているのはおかしいということで、
斉藤別当と親しい側近の樋口次郎兼光を呼び出します。

「あなむざんや。斉藤別当で侍ひけり」

樋口の口から斉藤別当の普段の覚悟が語られます。
60過ぎて戦に向かう時は髪の毛を黒く染めて若者のなりを
しようと思う。老武者だからと手加減されるのも
口惜しいことだからと。

そこで、首を洗い流してみたところ、
真っ白な髪の毛があらわれました。

この時の樋口次郎兼光の台詞「あなむざんや」を取って、
松尾芭蕉は「むざんやな甲の下のきりぎりす」と詠みました。

ちなみに学校で必ず習う古文の知識として…
古文でいう「きりぎりす」は「こおろぎ」のことです。
コロコロ鳴いているところをイメージしてください。


朗読・訳・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク