『更級紀行』

笈の小文』の旅を終えた後、芭蕉はしばらく岐阜に滞在していました。
しかし貞享5年(1688)、更級の月を見るために再び旅立ちます。

門人の超智越人(おち・えつじん)らと木曽路をたどります。

俤や姥ひとり泣く月の友
十六夜もまだ更級の郡かな

帰路は信濃の善光寺に参詣し、小諸、軽井沢を経て碓氷峠を超えて江戸に戻ります。
『更級紀行』はこの旅のことを書いた紀行文です。

わが心慰めかねつ更級さらしなやをばすて山に照る月を見て(古今和歌集)

朗読・訳・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク